韓国生活

【韓国生活】年の瀬ということで2020年を振り返ってみる

今日は12月26日。クリスマスが終わると一気に年末モードになりますよね。韓国は陰暦で新年を祝うこともあり、こちらで生活していると少し年末感が薄れますが、日本人の私は一人でそわそわしています。

今年は本当にとんでもない一年でした。いろんな計画が崩れ、家族や友達にも会えず、我慢我慢の日々。もちろん全てはコロナのせい。

それでも、なんとか一年を乗り越えることができました(定期的に病みながらも)。というわけで、私の2020年を振り返ってみようと思います。

まずはざっくりと振り返り

  • 1月:日本の正月と韓国の旧正月
  • 2月:引っ越し&韓国で感染爆発
  • 3月:弟の顔合わせに出席できず
  • 4月:ウェディング撮影
  • 5月:収入アップ&結婚指輪購入
  • 6月:結婚式キャンセル決定
  • 7月:二足のわらじをやめる
  • 8月:お盆に帰省できず
  • 9月:夫側の親戚を集め食事会
  • 10月:永住権取得を決意
  • 11月:永住権取得の準備
  • 12月:永住権用テストに合格

1月:日本の正月と韓国の旧正月

今年の1月はまだ、世界がこんなことになるなんて思ってもいませんでした。きっとみんなそうですよね。このときはすでにコロナは発生していたらしいですけど、どこか他人事で、危機感なんてありませんでした。

いつも通り年明けに帰省して、家族や親戚に会って。韓国の旧正月も1月末だったので、みんなで集まってわいわいしていました。

日本の家族にはこのとき以来会えていません。

2月:引っ越し&韓国で感染爆発

前の家を出ないといけなかったので、同じ町内で引っ越しを。引っ越し業者は相変わらず適当(乱暴)で、今回は仕事用のデスクを破壊されました(思いっきりガラスが割れているのに知らんぷりして帰られる)。

それと、韓国・大邱の教会を中心にコロナが爆発的に広がり始めましたね。あっという間に全国に広がり、毎日テレビで増え続ける感染者数を見るたび、恐怖を感じたことを覚えています。まさかこんなことになるなんて。。

3月:弟の顔合わせに出席できず

3歳下の弟が結婚することになり、私たち夫婦も顔合わせに参加することになっていました。が!コロナ感染拡大による水際対策により、日本が韓国人の入国を禁じました。そして韓国も対抗措置←として日本人を入国禁止に。

夫はノービザなので、入国することができません。私は韓国に外国人登録をしているので実際出入国はできたようなのですが、感染も怖いし、仮に自分が保菌者だった場合、周りに感染させる恐れもあるので断念しました。

りこりあ
りこりあ
楽しみにしていたので残念です

4月:ウェディング撮影

私たちが結婚(入籍)したのは2019年の始めですが、結婚手続きやビザの準備、韓国での生活基盤を整えることでバタバタしていたこともあり、ウェディング撮影と結婚式は2020年を予定していたんです。

韓国は4月になり少し落ち着いてきた(国民の意識が変わった)ことと、スタジオが半屋外的な感じで常に換気ができている状態とのことで、ウェディング撮影は予定通り実行することになりました。

【日韓結婚】韓国のウェディング撮影体験談!流れや費用も! 最近の韓国の結婚で欠かせないのが、結婚式前の「ウェディング撮影」!写真への情熱がすごい韓国。韓国でウェディング撮影をすると、ま...

本当なら日本から私の母も見学に来る予定でしたが、それも叶わず。まあでも、楽しみにしていた撮影だったので、無事にできてよかったです。

5月:収入アップ&結婚指輪購入

私はフリーランスの韓日翻訳家(主にウェブ漫画)として働いているのですが、ありがたいことに実力を認めてもらえ、取引先から優先的に依頼をもらえるようになり、単価も大幅にアップしていただけました。

二社と契約しているというのも大きいとは思いますが、会社員時代よりも遥かに稼げるようになり、家計も潤い、自信も生まれました。信頼関係ができて自信も持てると、仕事がより楽しくなりますね。

それから、今さらですが結婚指輪を購入しました。デザイン的にも価格的にも気に入るものを見つけられて、とても満足しています。

【日韓結婚】韓国で結婚指輪を購入!流れや価格は? 結婚の楽しみの一つが結婚指輪!私たちは韓国のジュエリーショップで結婚指輪を購入しました! この記事では、私たち夫婦が結婚...

6月:結婚式キャンセル決定

コロナ禍で、結婚式の延期やキャンセルが相次いでいましたよね。私たちの結婚式は10月の予定だったのですが、まだまだどうなるかわからない状態。この時点で、韓国は相変わらず日本人を入国禁止にしたままです。

仮に韓国が実行できる状況になったとしても、私の両親が来れなければ意味がありません。親戚や友達を呼ぶのも申し訳ないし、これでクラスターでも発生してしまえば、せっかくの結婚式が最悪の思い出になってしまいます。

こればかりは仕方ない。というわけで、6月末、プランナーさんとの打ち合わせが始まる前にキャンセルを決定しました(費用がかかるので)。

【日韓結婚】コロナの影響で結婚式を完全中止にした話 私たち夫婦が結婚(婚姻届を提出)したのは、2019年の初めですが、結婚式はその1年半後の2020年10月を予定していました。 が...

7月:二足のわらじをやめる

実はこのときまで、私は翻訳の他にオンライン日本語講師の仕事もしていました。フリーランス翻訳家として食べていけるようになるためには、少なくとも数年はかかると聞いていたからです。

韓国人対象なので韓国語を使う機会も多く、生徒さんたちとも仲良くなれ、とても楽しい仕事でした(中には合わない人もいましたが)。苦労することもありましたが、割と向いていたなと思います。

でも、翻訳の仕事が増えることで自分の時間がなくなってしまったんです。かなり悩みましたが、翻訳家として頑張りたいという気持ちのほうが強く、今後は翻訳一本でやっていくことを決意しました。

ただ、もし翻訳の仕事が減ったりしたときには講師の仕事を再開しようと思っているので、いつか時間を見つけて日本語教育能力検定試験にも挑戦してみようと考えています(資格がなくても日本語講師にはなれますが)。

8月:お盆に帰省できず

お盆には帰りたい!!と思っていましたが、それも叶いませんでした。のんきに帰省できるような状況でもなかったですし、そもそも福岡線が飛んでいないので、物理的に不可能だったんですよね。

この「物理的に帰省不可能」という状況が怖すぎて。お盆の帰省は不要不急なので仕方ないですが「もし日本の家族になにかあったら…?」と考えると不安でたまらなくなり、そこから病みがちに。いわゆるコロナ鬱です。

とにかく情緒不安定で、夫にも当たりまくり。気分転換をしようと頑張りましたが、根本的な問題解決にはならないので、また病んでの繰り返し。夫もかなり参ってました。本当にこの時期は申し訳なかったな。。

9月:夫側の親戚を集め食事会

結婚式をキャンセルするにあたり、シオモニ(義母)と一悶着ありました(

">別記事参照)。世の中がこんな状況なので、シオモニが望むものとは違う形にはなってしまいましたが、夫側の親戚を集めて結婚の挨拶をしました。

この頃、韓国では少し感染が落ち着いてきていましたし、感染対策も徹底して行いましたが、内心ドキドキ。2週間経っても体調に変化がなかったこと、出席者から感染の報告がなかったことでようやく安心できました。

【日韓結婚】コロナの影響で結婚式を完全中止にした話 私たち夫婦が結婚(婚姻届を提出)したのは、2019年の初めですが、結婚式はその1年半後の2020年10月を予定していました。 が...

10月:永住権取得を決意

韓国生活自体は4年目なのですが、結婚は2年目。韓国の結婚移民は、結婚ビザで丸2年滞在することで永住権の申請資格を与えられます。

私は去年まで2〜3ヶ月に1回のペースで日本に帰っていたので、もう少し韓国での滞在日数を稼がないといけないのですが、数えてみると来年の夏には申請できそう!ということで、永住権の取得を決意しました。

永住権取得を決めた理由はいろいろあるのですが(別記事で書きます)そのうちの一つが「今できること」をしようと思ったからです。

自粛生活と帰国不可能な状況でかなり参っていた私。気分転換をしようと思っても不安が勝って素直に楽しめないので、楽しめることじゃなくて集中できることを探そうと思った結果、行き着いたのがこれでした。

【韓国永住権】社会統合プログラム受講!TOPIK連携申請をしてきた 結婚移民ビザ(F-6)から永住権(F-5)に切り替えるためには「社会統合プログラム(KIIP)」という講義を修了し、その上で「...

永住権取得に必要な、社会統合プログラムの受講です。

11月:永住権取得の準備

10月にプログラムに申請し、10月下旬〜11月下旬までの1ヶ月間、オンラインで受講しました。仕事との両立で大変でしたが、やっぱり忙しくしていると余計なことを考えなくて済むのでいいですね。

【韓国永住権】社会統合プログラム5段階!講義の様子と受講した感想 韓国永住権取得への第一歩である「社会統合プログラム」5段階の受講が終わりました〜!なかなか大変でしたが、今思えばあっという間で...

あっという間の1ヶ月でした。でも体はボロボロ。笑

12月:永住権用テストに合格

プログラムの受講が終わってからの2週間は、総合評価という試験の対策に終わりました。そしてこんなときに限って仕事が忙しいという。3週間くらいまともな休みも取れずに仕事と勉強でバタバタしていました。

【韓国永住権】総合評価に合格!結果の確認と成績表の発行方法 韓国の永住権取得のために受験した、社会統合プログラムの「総合評価」。先日結果が発表され、無事に合格できました!! この記...

が、苦労の甲斐あって無事合格!

私的にはこのプログラム受講と試験合格が永住権取得の山だったので、それを今年のうちに超えられたのはよかったです。

買ってよかったもの

まずは「MacBook Pro 16インチ(2019)」!人生で一番高い買い物だったのでかなり悩みましたが、本当に買ってよかったです。

13インチにするか16インチにするか、最後の最後まで悩んだのですが、頻繁に持ち運びすることもないし、メインは仕事なのでやっぱり画面が大きくて見やすいほうがいいと思い、16インチに決めることに。

りこりあ
りこりあ
今まで使っていた「MacBook Air 11インチ」がオモチャに見える。笑

画面が大きくて見やすいので作業効率もアップしましたし、フォトショップなんかの重いソフトを使用してもスイスイ作業ができます(私の場合、仕事でフォトショップを長時間使うので、この点が重要でした)。

スピーカーの音質もいいし、とにかく快適!大満足です。

MacBookを買い替えたついでに、マウスも新しくしました。今までは安物のマウスを使っていましたが、これを機に「Magic Mouse 2」に挑戦。

これが最初はとにかく使いにくくて!!正直失敗した〜と思いました。仕事の効率が落ちるので、しばらくは放置していたくらい。笑

でも、慣れてからはめちゃくちゃいい!スクロールが楽だし、とにかく手に負担がかからない!高級感のある見た目も気に入っています。

かわいくないですか?笑 カカオフレンズのAirPodsケースです。正規品なのですが、大特価セールで500円くらいで買えました。

こうして見ると、私ってApple信者みたいですね。スマホもiPhoneだし、そうなのかもしれません。来年はiPadを買おうかなと思っています。

「moz」というメーカーのトースターとエスプレッソマシン。コロナ支援金の一部で購入しました。かわいくてテンション上がる!!

これを買ってからしばらくは普段食べない朝ごはん(パンとコーヒー)を頑張っていましたが、無理をして胃に負担がかかってしまったのと、パン効果で太り始めてしまったので、やめました。笑

でも、家でもおいしいコーヒーが飲めるのはうれしいです。

そして最後にこれ!「WHOAU(フーアーユー)」というブランドのリバーシブルショートペディン。広告なんかでよく見かけませんか?

夏頃に夫が会社の人を通して一着1000円弱くらいで手に入れてきたんです。その人の知り合いがここに勤めてるのかな?たぶんシーズンオフ価格×社割とかで激安で売ってくれたんだと思います。それにしても安すぎ!笑

で、着てみるとこれがとにかく暖かくて!!韓国の冬ってすごく寒いんですが、これがあれば余裕。ロングペディンがいらないくらいです。

観てよかった作品

日本でも流行っているみたいですね「愛の不時着」!!私たち夫婦もどっぷりハマり、もうこれでもかっていうくらい泣きました。笑

私の「인생드라마」圧倒的第一位です。これを観てからというもの、他の韓国ドラマにはいまいちハマりきれていません。

日本が恋しくて、今年はいろんな日本のコンテンツを観たのですが、その中でも一番よかったのがこれ「未来少年コナン」です。

子供の頃に観たことがありますが、大人になってから観ると感じるものが違いますね。素晴らしいアニメです!!一気見しちゃいました。

読んでよかった作品

どちらも漫画なのですが、この二作品は私の「인생만화」となりました。昔から漫画が大好きで、ジャンル問わずいろんな作品を読んできましたが、この二つは今の私の心にガツンッと響いたんですよね。そしてまとめ買い。

二つに共通しているのは「登場人物に悪い人がいない」こと。もちろん邪魔者?っぽい人が出てきたりはするんですけど、根は悪い人じゃなくて。現実世界じゃありえないかもしれませんが、心が洗われるような作品です。

生き方とか考え方、人や世界の見方を考えさせられるので、もやもやしたときに読み返して擦れた心を浄化しています。笑

まとめ

振り返りブログ、いいですね!最近この一年について考えることが多かったのですが、改めて振り返ってみると、いろいろと思うことがありました。

奪われたものが多かった一年ですが、自分や家族が感染したり、仕事が減ったりという直接的なダメージはなかったのは、不幸中の幸いです。

それに、当たり前が当たり前じゃないということに気付けたり、この状況だからこそ決意できたことなんかもありました。だからよかった…とは言えませんが、今年も悪いことばかりではなかったとは思いたいですね。

りこりあ
りこりあ
来年は少しでも日常が戻ってきますように

【韓国生活】2021年の目標!環境が大きく変わる年 2020年、本当に大変な一年でしたね。いろんなことが変わり、制限され、当たり前が当たり前ではない世界になってしまいました。コロ...