日韓結婚

【日韓結婚】韓国のウェディング撮影体験談!流れや費用も!

最近の韓国の結婚で欠かせないのが、結婚式前の「ウェディング撮影」!写真への情熱がすごい韓国。韓国でウェディング撮影をすると、まるで芸能人のグラビアかのような激盛れの写真を撮ってもらえます。

私たち夫婦も、そんな韓国のウェディング撮影を体験し、奇跡の一枚を手に入れました!笑

この記事では、韓国のウェディング撮影の流れと費用についてご紹介します。

私たちは個人で準備したので、プランナーさんにお願いする場合は流れが異なる可能性があります。

ウェディング撮影の流れ

まずはざっくり、契約〜撮影までの流れをご説明します。

  1. スドゥメ探し
  2. スドゥメ契約
  3. ドレス選び
  4. 撮影準備
  5. 撮影本番
  6. 写真選び&データ受取
  7. アルバム&額縁受取

それぞれの時期はこんな感じ。

  1. スドゥメ選び(10月初旬〜
  2. スドゥメ契約(10月下旬
  3. ドレス選び(3月下旬
  4. 撮影準備
  5. 撮影本番(4月中旬
  6. 写真選び&データ受取(4月下旬)
  7. アルバム&額縁受取(8月下旬)

準備開始から撮影まで半年もかかっていますが、私たちはかなりゆっくり準備したほうです。ドレス選びが撮影の2〜3週間前とのことだったので、1〜2ヶ月前に準備を初めても全然余裕だと思います。

私たちがこんなに早く準備を始めたのは、結婚式の準備を並行して行っていたからで、撮影日を半年後にしたのは、冬は寒くて嫌だったからです。笑

もし結婚指輪をはめて撮影したいなら、指輪は早めに準備しておきましょう!購入から受け取りまで、大体1ヶ月くらいかかるので!

【日韓結婚】韓国で結婚指輪を購入!流れや価格は? 結婚の楽しみの一つが結婚指輪!私たちは韓国のジュエリーショップで結婚指輪を購入しました! この記事では、私たち夫婦が結婚...

りこりあ
りこりあ
それでは詳しく見ていきます!

STEP01:スドゥメ選び

「スドゥメ(스드메)」とは「スタジオ・ドレス・メイク」のことで、ウェディング撮影をするにあたり、撮影スタジオ・ドレスショップ・メイクショップを選び、セット(または各々)で契約するんですね。

ちなみに、ドレスショップとメイクショップはウェディング撮影が終わったあとも結婚式で引き続きお世話になるのが一般的。

私たちがスドゥメの中で一番重視していたのが「スタジオ」でした。ゴリゴリ加工の「ザ★韓国のウェディングフォト!」というものよりも、ナチュラルな写真を撮ってくれるところを希望していたんです。

そしてインスタで鬼検索!!

そこで見つけたこのスタジオ!!このセットがすごく私たち好みで一目惚れ!他のセットもおしゃれでかわいくて即決しました。

スタジオは決まったので、残るはドレスショップとメイクショップ。探しても探してもピンと来なくて決めかねていたのですが、調べているうちに、例のスタジオと提携している「ドレス&メイクショップ」があることが発覚!

ドレスショップとメイクショップが一緒になっていて、撮影や結婚式の際もわざわざ移動する必要がないんですね。契約もまとめてできる!!

ドレスショップやメイクショップは江南に集中していて(私たちは仁川住みなので)遠すぎるし、ショップ自体にこだわりはなかったので、家からも比較的近いこのショップにお世話になることに決めました。

STEP02:スドゥメ契約

ショップを予約し、スドゥメの契約に行きました。ショップが提携しているスタジオは他にいくつかあって、アルバムをいろいろ見せてもらいましたが、やっぱり心は揺らがず、決めておいたスタジオを選択。

2020年4月中旬に撮影日を押さえました。このときは2019年10月下旬で半年近くも残っていましたが、屋外での撮影もあるとのことだったので、冬の時期だけはどうしても避けたかったんです(韓国は寒すぎるので)。

契約金を支払い、無事にスドゥメの契約が終わりました。

STEP03:ドレス選び

そして、忘れた頃にドレス選びの日がやってきました。

りこりあ
りこりあ
事前にムンチャでお知らせしてくれたので助かりました。

  • 脱ぎ着しやすい服装で来ること
  • 髪を下ろしてくること

以上が注意点として書かれていました。

ショップを訪ねるとすぐにメイクルームに通され、簡単にヘアメイクをしてもらえました(ドレス選びではメイクは自前)。

そしてオッパが待つフィッティングルームへ。私が想像していたのとは違い(ドラマでよく見るような感じではなく)こじんまりとした個室でした。

揃ったところで、早速フィッティング開始!

まずは新郎のタキシードから。ショップ側が事前に(似合いそうなものを)用意してくれていた5着を試着。ものの10分ほどで終了しました。笑

ちなみに、用意された衣装をどんどん着て行って、それをもう一人が写真に収め、最後に検討するというシステムになっています。

そして、次は私の番。マーメイド4着、Aライン4着の合計8着を試着しました。

マーメイドが!!かわいすぎて!!ドレス選びもそんなにウキウキしていたわけじゃなかったのですが、実際着てみるとめちゃくちゃテンション上がりました。笑 やっぱり私も女だな〜と思ったり。

契約に来たときディスプレイされているドレスを見て「派手!!」という印象を受けて少し心配していたのですが、さすがプロですね。私好みの(というか私に合う?)デザインばかり用意されていて驚きました。

契約プラン上、撮影で選べるドレスは3着まで。「マーメイド1着+Aライン2着」にする人が多いと聞いて戸惑いました。この中から1着を選べと!?

マーメイドの試着が終わり、簡単に髪をアップスタイルにしてもらい、Aラインの試着に入ります。…が!

りこりあ
りこりあ
なんか違う…!!

マーメイドは、オッパもスタッフさんも絶賛してくれていたのですが、ここに来て場の空気が一変したことを私は見逃しませんでした。笑

この写真左側のドレスはまだマシだったかな…と思いますが、Aラインのあまりの似合わなさに衝撃を受けました。なんだろう…。華やかなドレスを着ているはずなのに、滲み出るこのイモくささは。

上がりまくっていたテンションも、ここで一気にダウン。スタッフさんからも遠回しに「結婚式はマーメイドですね!」と言われました。苦笑

フィッティングが終わり、スタッフさんたちが片付けている間に撮っておいた写真を見ながらドレス決め。その場で決めないといけないんですね。周りの意見を聞きながらもっとゆっくり決めたかったのに…!

Aラインが似合わなさすぎて「マーメイド1着+Aライン2着」を「マーメイド2着+Aライン1着」にしよう!となったのですが、似合わないものを無理に着る必要はないのでは…?という結論に至り。

オールマーメイドに決定!笑

せっかくなら似合うもので、自分がテンション上がるものを着たいと思ったからです。スタッフさんには当然驚かれ、何度も確認されました。

決めた直後は若干後悔していたのですが、撮影を終えた今言えることは、あのときの直感は間違っていなかった!ということです。

あ、ちなみにオッパの衣装は秒で決まりました。笑

ドレス選びって、本当に新婦のためのものですね。ヘアメイクからフィッティングまで全部で2時間半くらいかかりましたが、そのうち新郎のためにあてられた時間はたったの10分程度…。笑

幸い、オッパは私以上に楽しんでくれていたのでよかったです。

ここでドレス選びのTIPを共有します!

  • 服装は前開きワンピがおすすめ
  • 髪はなにもつけず下ろして行く
  • メイクは派手めがいいかも!
  • ストッキング必要なし
  • ヌーブラ・ペチコートは貸し出しあり
  • 生理中でもフィッティングOK

ヌーブラとペチコートに関してはショップによると思うので、要確認!私が利用したショップでは無料で貸し出してもらえました。ただし、撮影当日と結婚式当日には自分で用意する必要があるみたいです。

それから、生理!ちょうど被ってしまっていて心配していたのですが「全然大丈夫ですよ〜」と言われました。でも念のためスパッツは着用。

こんな感じで、ドレス選びも無事に終了しました!

STEP04:撮影準備(前日までに)

次は、撮影に向けての準備に入ります。

ドレスを選んだらそれで終わりかと思っていたのですが、スタジオにカジュアルなセットもあるので、それに合うような衣装を自分たちで用意するように言われたんですね。というわけでネットでワンピースを購入。

パンプスやアクセサリーはスタジオに用意してありますが、やっぱりドレスに合うような派手なものが多いので、もし自前の衣装を用意することがあれば、小物まで一緒に用意しておくことをおすすめします。

りこりあ
りこりあ
私はこれで失敗しました。笑

ヌーブラとペチコート(またはスパッツ)も用意しておきましょう!

そして、重要なのが差し入れ!!

韓国でのウェディング撮影は、平均5〜6時間ほどかかります。しかも休憩なしのノンストップ!!まともにごはんを食べる暇なんてなく、着替えながらつまんだり、パートナーの撮影中につまんだり…という感じになります。

撮影は、新郎新婦+カメラマンさん+ヘルパーさん(이모)の4人1組で行うのですが、カメラマンさんと이모の分もこちらで用意しないといけません!

私たちはこの差し入れの内容ですごく悩んだのですが、知り合いの経験者にアドバイスの下、以下のようなものを準備しました。

  • スティックバー
  • カットフルーツ
  • 一口ゼリー
  • チョコ(小分け)
  • コーヒー
  • エナジードリンク
  • お茶

NAVERで調べると立派なお弁当が出てきたりするのですが、絶対にまともに食べれません!笑 「間食」と思って準備したほうがいいです!

キンパやサンドイッチも考えたのですが、手が汚れるので避けました。カットフルーツは蓋付きかつフォーク付きのものを。飲み物は、無難な3種類を用意しました(保冷バッグに入れて)。

りこりあ
りこりあ
スティックバーは腹持ちがいいのでおすすめ!

カメラマンさんと이모には、それぞれ紙袋に入れて渡します。紙袋はダイソーで購入。あんまり張り切ってたくさん準備しても邪魔になるだけなので、適度に準備することをおすすめします。

オッパ
オッパ
ポケットティッシュとウェットティッシュも一緒に入れて渡しました!

それと、이모への謝礼も忘れずに!!

ウェディング撮影でおそらく誰よりも大変なのが、この이모!着替え、メイク直し、ヘアメイク、アクセサリー、ポーズ、移動…と、新婦を徹底的にサポートしてくれる万能ヘルパーさんです。

新郎よりも「이모との二人三脚」という感じで撮影は進みます。笑

이모はスドゥメのショップが手配してくれるのですが、이모への謝礼は撮影後に現金で直接渡すというスタイルになっています。ダイソーで差し入れ用の紙袋を買うとき、一緒に封筒も買っておくといいかと。

それから!車も空っぽにしておかないといけません。

이모も合流して一緒に乗っていくので!他にも自分たちが用意した差し入れや衣装もあるし、ドレスにタキシード数着ずつ、이모のメイクボックス(デカい)などなど、当日は大荷物になりますからね!!

こんな感じで、事前準備も終了!

当日顔がむくまないよう前日は脂っこいものは控え、念入りにストレッチとマッサージをし、パックをして早めに寝ました。

STEP05:撮影本番

りこりあ
りこりあ
ショップとスタジオそれぞれから、撮影数日前にお知らせのムンチャが届きました。

  • スッピンで来ること(ベースメイクもNG)
  • 髪にはなにもつけないこと(リンスも禁止)
  • 髪は下ろしてくること
  • 無駄毛を処理してくること
  • メガネの跡がつかないようにすること
  • 脱ぎ着しやすい服装で来ること
  • 貴重品は持ってこないこと

以上が注意点として書かれていました。

そしていよいよ撮影本番!幸い体も顔もスッキリな状態!

ショップに到着し、すぐにメイク&ヘアメイクに入ります。メイクやヘアメイクも、事前にインスタなどで調べておくとスムーズです。

メイクが終わったら、이모と合流し、3人でスタジオに向かいます(家族や友達など付き添いがいてもOK!)。カメラマンさんに挨拶し、差し入れ渡し、トイレを済ませて準備に入ります!

セットに合わせ、衣装やアクセサリー、靴、髪型、ポーズなど、全てカメラマンさんと이모が決めてくれるので、あとは言われるがままに動くだけ。笑

スタジオには私たちの他にも4組ほどがいて、空いているセットを使って撮影していくような感じでした。

私たちがこのスタジオに決めた理由の一つである「韓屋セット」!

式場も韓屋だったので、被るかな〜と思って悩んだんですが、このレトロな感じが私たちの好みにぴったりで、韓屋を多めに撮ってもらいました。

結局、コロナのせいで結婚式が中止になってしまったので、韓屋セットでたくさん撮っておいてよかったです。

【日韓結婚】コロナの影響で結婚式を完全中止にした話 私たち夫婦が結婚(婚姻届を提出)したのは、2019年の初めですが、結婚式はその1年半後の2020年10月を予定していました。 が...

私は割と大丈夫だったのですが、オッパの笑顔が固いこと!笑 でもこれは新郎あるあるなようで、オッパだけでなく、他のカップルの新郎たちもみんなカメラマンさんに注意されまくっていました。笑

ポーズも決められている上、表情も大体「正面を見て微笑む」→「見つめ合いながら微笑む」→「正面を見てにっこり」の繰り返しだったので、よっぽど写真に慣れていない限りそんなに難しくはないと思います。

「독사진」と呼ばれる、一人ずつの写真も撮ります。

別々に撮りはしますが、アルバムを開いたときにはこんな感じでセットになるようになっているみたいです。

りこりあ
りこりあ
독사진もやっぱり新婦が多めです。笑

ちょっと変わった、映画のワンシーンのようなカットも。笑

私、身長が170近くあるので、ヒールを履いたらオッパの背を超してしまうんじゃないかと心配してたんですけど。笑 幸い撮影中はフラットシューズを履いていいとのことでした(どうせ見えないので)。

脚が見えるカットのときだけ履き替えるという感じだったので、身長問題は無事クリア。ヒールで脚が痛くなることもなく、楽に撮影できました。

それと、ストッキングを穿いていったのですが、ヒールを履いたときに滑るかもしれないからという理由で脱ぐように言われました。

ドレスでの撮影を全て終え、最後は韓服!!無料で貸し出しを行っているとのことだったので、別途購入はしませんでした。

撮影は平均5〜6時間らしいのですが、私たちを担当してくれたカメラマンさんが情熱的な方で、なんと7時間もかけて撮影してくれました。笑

近くに梨の花や桜の花がきれいに咲いているからと、予定になかった野外撮影までサービスで追加してくれて、すごくありがたかったです。

こうして無事に撮影が終了!!

着替えをし、片付けを終え、이모をショップへ送ります。이모とはここでお別れなので、このタイミングで謝礼を。

ショップから言われていた金額を渡しましたが、もっと渡してもよかったなと思うくらい、大活躍してくれました…!

私たちには付き添いがいなかったので(日本から母が来る予定だったのですが、コロナにより渡航禁止に…)撮影中の様子やオフショットも、이모が私のスマホを使って撮影してくれたんです。大変だっただろうな…。

案の定、帰宅してから一気に疲労感に襲われました。次の日も全然動けず、全く仕事にならなかったことを覚えています。

STEP06:写真選び&データ受取

撮影から1週間後、再びスタジオへ!

アルバムに載せる写真(20カット)と額縁に入れるメイン写真(1カット)の選択、そして原本データ(全カット)の受け取りに行きました。

7時間もぶっ続けで撮影したため、写真は700枚を超えていました…!この中から20枚を選ぶというのはなかなか難しかったですが、スタッフさんおすすめの写真やアルバムの構成の仕方なんかを聞きつつ、なんとか決定。

まあでも、正直アルバムは割とどうでもよくて。

私が楽しみにしていたのはこれ!原本データ!データのほうが見る機会も多いし、プロの腕には敵わなくとも、ある程度自分で加工もできますしね。

原本データは撮影代には含まれていないので、別途購入。ダメ元で「이음카드」という地域通貨が使えるか聞いたところ、使えるとのこと!!コロナ期間で10%キャッシュバック中だったので、お得に購入できました。

りこりあ
りこりあ
アルバムと額縁が完成するのは3〜4ヶ月後になるとのことでした。

STEP07:アルバム&額縁受取

撮影から4ヶ月後、8月にアルバムと額縁が完成したという連絡が入り、ショップへ向かいました(スタジオが送ってくれていました)。

宅配便で送ってもらえればよかったんですけど、額縁が壊れやすいからか、直接取りに行かないといけないみたいです。

こちらがアルバム。案の定、開かれることはありません。笑

そしてこちらが額縁です。韓国ドラマでよく見かける、壁にかかってあるやつですね。笑 とりあえずリビングに飾りました。

りこりあ
りこりあ
これでウェディング撮影は完全に終了です!!

ウェディング撮影の費用と内訳

総費用:約20万円(200万ウォン)

内訳はこちら!

  • スドゥメ:140万ウォン
  • 이모への謝礼:15万ウォン
  • 原本データ:27万ウォン(10%バック)
  • 衣装:15万ウォン
  • 差し入れ:3万ウォン

おそらく相場くらいじゃないかと…!原本データや衣装を除けば、150万ウォン(約15万円)くらいで撮影ができると思いますよ!

今回、私たちがお世話になったのは【원규스트디오 인천점】です!リンクを貼っておくので、興味のある方はチェックしてみてください。

オッパ
オッパ
おすすめです!!

まとめ

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!長かったですね!笑

ウェディング撮影、大変でしたがすごく楽しかったです。私たちはコロナのせいで結婚式ができず、両親にドレス姿を見せれていないので、コロナが終息したら日本でもウェディング撮影をしようと考えています。

りこりあ
りこりあ
日本で撮影したら、また記事にしますね!

【日韓結婚】コロナの影響で結婚式を完全中止にした話 私たち夫婦が結婚(婚姻届を提出)したのは、2019年の初めですが、結婚式はその1年半後の2020年10月を予定していました。 が...