韓国生活

【日本語相談】韓国生活で困ったら「1345」に電話しよう

長期で韓国に住むとなると「ビザ」が必要となり、「外国人登録証」という身分証の発行が必要となり…、ときには出入国に関する問題がついて回ったりします。

韓国に住み始めるとこういった問題にぶつかり、困ってしまうこともあるかもしれません。さらには異国の地で、韓国語の実力が不十分であれば自力でお役所に相談することも難しくなってくるでしょう。

そんなとき、私たちを助けてくれるのが「1345」という、外国人総合案内センターの電話窓口です。韓国語ができなくても安心!日本語可能なオペレーターが対応してくれます。

この記事では、韓国に住むなら絶対に知っておきたい「1345」についてご紹介します。

外国人総合案内センター「1345」

ビザ関連や出入国関連の相談というと「外国人・出入国庁(旧:出入国管理事務所)」が思い浮かぶかと思うのですが、これらの事務所では基本的に日本語窓口が設けられていません。

韓国語(または英語)での相談となると気が引けてしまい、抱えた問題は結局未解決のまま、ひとり悩んでしまう…、というケースを割とたくさん見てきました。

りこりあ
りこりあ
そんなときは「1345」に電話しましょう!

実は韓国では、ビザ関連や出入国関連など、韓国に住んでいる外国人からの相談を受け付けている「外国人総合案内センター」という窓口が設けられています。

その外国人総合案内センターの電話窓口が「1345」。日本語可能なオペレーターに繋いでくれて、難しいビザ関連や出入国関連の相談にものってもらえるんです。

「1345」に相談できる内容は?

「1345」に相談できる内容は以下の通りです。

  1. ビザ関連業務
  2. 身分証明書関連業務
  3. 難民関連業務
  4. 社会統合プログラム
  5. 出入国関連業務
  6. 滞在許可関連業務
  7. 外国人関連犯罪通報
  8. 帰化関連業務

おそらく、私たちが利用することになるのは「ビザ関連」「身分証明書(外国人登録証など)関連」「出入国関連」あたりになるのではないでしょうか。

「1345」日本語案内への繋ぎ方

「1345」を入力し通話ボタンを押すと、まず「こちらは外国人総合案内センターです」という内容の案内が韓国語と英語で流れます。

りこりあ
りこりあ
携帯電話でも固定電話でも「1345」で繋がります!

そのあとに「韓国語をご希望の方は〜」「中国語をご希望の方は〜」「英語をご希望の方は〜」とそれぞれの言語で案内音声が流れます。

そして最後に「その他の言語をご希望の方は〜」という内容の案内が韓国語と英語で流れますので、そこで「0」と「*」を入力します。

すると、ベトナム語とタイ語での案内がそれぞれ流れ始め、3番目に日本語案内が流れ始めます。そこで「6」と「*」を入力すると、日本語での自動応答サービスに切り替わります。

自動応答サービスの案内内容は以下の通りです。

  • 1番:出入国管理事務所の位置、管轄地域および業務時間案内
  • 2番:無料弁護士法律相談
  • 0番:オペレーター相談

「0」を入力し、オペレーターに繋ぎましょう。

オッパ
オッパ
1番は「出入国管理事務所」という旧称のままになっているようですが、現在の「出入国・外国人庁」のことですね!

  • 以前はできたそうなんですが、現在、日本からかけることはできません。韓国国内でのみ利用できるようです!

「1345」の利用時間

公式的な「1345」の利用時間は平日9時〜22時となっていますが、18時以降は韓国語、中国語、英語のみの案内に切り替わるそうです。

私たちが利用するのは日本語案内なので、利用時間は9時〜18時と思っておきましょう。

まとめ

  • 日本語で相談ができる
  • 韓国国内でのみ利用できる
  • 実質利用時間は平日9時〜18時

韓国在住またはその予定であれば、必ずこの窓口の存在を頭の片隅に置いておいてください。韓国でなにか困ったことがあったとき、きっと力になってくれるはずです!